すぐきの食べ方。文化元年(1804年)創業 京都のお漬物・佃煮の「御すぐき處京都なり田」。京都・上賀茂名産の伝統京漬物「すぐき漬け」を作り続けています。お問い合わせ

ホーム「なり田」について「すぐき」について会社概要店舗案内オンラインショップ

すぐきの食べ方

すぐきの美味しい食べ方について

すぐきの食べ方


なり田がお勧めしている、すぐきの美味しい食べ方をご紹介します。

  • まず、すぐきをさっと水洗いしてください。葉の部分は塩のかたまりが残っている場合がありますので、丁寧に洗ってください。
  • カブの部分は下図のように5ミリ程度の厚さに切ってください。
    すぐきの切り方
  • 葉の部分はみじん切りにして、カブの部分と一緒にお皿に盛りつけてください。
    すぐき盛り付け
    盛りつけ例
  • お好みに合わせてお醤油を適量かけてお召し上がりください。七味唐辛子と炒りごま、もしくは山椒を少量おかけいただきますと格別の風味を増します。
  • 酸味が苦手な方はお酒にさらしてからお召し上がりください。

すぐきについて一言

  • すぐきは「すぐき菜」と「塩」だけを使った天然の乳酸発酵法による独特の製法で漬け込んであります。
    着色料、防腐剤等の一切の化学添加物を使用しない完全な自然食品です。
    すぐきの漬け込み
    すぐきの漬け込み(荒漬けの様子)
  • すぐきは風味の変わらないうちに、なるべくお早めにお召し上がりください。

≫  希少な「すぐき」のお漬物をお届けします

≪ 京野菜について   ページTOPへ   ごあいさつ ≫



オンラインショップ